2014年03月21日

古谷社会保険労務士事務所の主なサービス

当事務所の主なサービスについてご案内いたします。
セミナー等も実施しております。詳細を御覧ください

 

【古谷社会保険労務士事務所、サポーティング・ジャパンについて】

komon.jpg kyuyokeisann.jpg sapo-thingu.jpg
syuugyoukisoku.jpg jyoseikinn.jpg roudounenndo.jpg

 

■■■当事務所が実施するセミナー等■■■
【ゼロから始める人事担当者の手続き講座】

少人数スクール講師やってみませんか!

 

 就業規則の外国語への翻訳 50,000〜     海外療養費の翻訳 5,000〜
 就業規則の翻訳詳細はこちら                     海外療養費の申請詳細はこちら

 

 

04-7196-6482又は04-7121-2910      TOPページ
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝除く)

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

2013年10月16日

社会保険労務士の業務

大手百貨店の人事部、グループ健康保険組合・厚生年金基金での実務経験をもつ、フットワークある社会保険労務士です。実務経験を活かした、きめ細かいサポートをお約束いたします。
 

古谷社会保険労務士事務所をご活用ください。 

 

 

企業経営に専念
事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続きから開放されます。

事務手続きの改善
行政機関等に提出する申請書・届出書・報告書をスピーディーかつ正確に作成します。

適切なアドバイス
それぞれの事業所に適したアドバイス、指導が受けられます。

経営の円滑化
法令改正や労務管理全般に関する情報が入手しやすく、事業主は有利な各種給付金・助成金が利用できます。

 

【年度更新・算定基礎等】
■労働社会保険の適用
■労働保険の年度更新
■社会保険の算定基礎
■各種助成金、給付金の申請
■就業規則の作成・変更

労度保険の年度更新事務(6、7月)、社会保険の算定事務(7月)は、
事務的にも煩雑で企業にとって大きな負担となっています。古谷社会保険労務士事務所は、労働社会保険の複雑で多岐にわたるさまざまな事務手続きを円滑に、しかも的確に処理いたします。

 

【労使関係】
■個別労働関係紛争の未然防止や解決
■労務診断等
■雇用・人事・賃金・労働時間の相談
■給与計算・賃金台帳の調製

解雇・賃金不払・リストラ等労使間のトラブルが急増しています。
古谷社会保険労務士事務所は、個別労働紛争トラブルの未然防止から解決までのご相談に応じます。

 

【年金の相談・請求等】
■年金の相談
■年金の請求

現在の年金制度は新旧の制度が並立しているために大変わかりにくい点が多くなっています。古谷社会保険労務士事務所は、年金の加入期間、受給資格等についてわかりやすく説明するとともに、年金の裁定請求に関する書類を依頼人の皆様に代わって作成、提出いたします。

 

【労働安全衛生】
■安全衛生管理
■安全衛生教育
■就業環境の改善

労働者の安全管理、健康の保持増進を確保するのは、事業主の責務です。
古谷社会保険労務士事務所は労働災害の防止、従業員への安全衛生教育等を通じ、快適な職場環境の実現をお約束いたします。

 

【海外療養費申請】
海外渡航中に治療を受けたときは、帰国後に医療費の一部が払い戻しされる制度が海外療養費です。申請書に添付する翻訳も含め事務手続き代行を行います。

2014年03月21日

大きな転換期なのではないでしょうか

 

【売上は最低でも3割減ります】
2008年からの世界的な経済混乱が落ち着きはじめているようです。しかし、2008年前の状態に戻るわけではなく、中国、韓国等のアジア、インド、アフリカ諸国も含めた新しい経済が形成されていることを認識しなければならないのではないでしょうか。日本の人口予測は、低出産が継続すれば、0年後に1割、30年後には2割、40年後には3割減少するそうです。その時になって焦っても皆様が望む「事業の継続的な発展」は難しいことはご理解いただけると思います。

   

【人材確保の重要性】
新卒採用のみで対応するのではなく、女性、経験ある高齢者、高度人材外国人等をバランスよく活用していくことが必要です。国は多様な人材活用を「助成金」というかたちで援助をしてくれています。事業主様、人事担者様と助成金の話をすると「会社の福祉施策としてやっていたことが助成金の対象になっていた」ということがよくあります。助成金は返金する必要のないものです。利用しない手はないのではないでしょうか。
⇒募集・採用、助成金等の助言と手続き代行をさせて頂きます。
⇒外国人労働者の有効活用の援助をさせて頂きます。

  

【日々の労務管理の重要性】
優秀な人材を活用するためには会社自体の体制整備が必要なことは言うまでもありません。社会保険、雇用保険、労災保険に加入していない会社で働こうという人はいません。「働きやすい環境」整備は今まで以上求められています。又、行政への事務手続を御社の事務員さんにまかせている場合にはアウトソーシングすることをお勧めします。ハローワーク、年金事務所で10人待ち、20人待ち。。。30分待ち、1時間待ち。。。御社事務職員さんに無駄な時間と手間をとってもらう必要がありますか? 本来業務の事務に専念してもらうのがBESTです。
⇒当事務所は電子申請対応事務所です。 

  

【他士業との総合的支援の重要性】
経理事務はA税理士事務所、許認可はB行政書士事務所、裁判手続はC弁護士事務所。A・B・C事務所はそれぞれの事務手続き状況を認識しているでしょうか。御社がそれぞれをコントロールするには時間と労力が多大なものとなっていないでしょうか。これからのビジネス遂行には総合的な支援体制が必要です。
⇒弁護士、会計士、税理士、行政書士との総合的な支援をご提案をさせて頂き

 


 

 

04-7196-6482又は04-7121-2910      TOPページ
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝除く)

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

 

起業予定者、起業間もない方々、現在のお仕事をさらに発展させようとする企業様との連携を強く望んでいます。10年、20年と永くお付き合い下さい。

2014年03月21日

社会保険労務士って? 古谷社会保険労務士事務所、サポーティング・ジャパン

各士業を例えるなら・・・
税理士、会計士は経理部。司法書士、行政書士は総務部。

 
社会保険労務士は会社の人事部です。

「人」に関する会社業務を受託、コンサルタント致します。  

 

大手百貨店の人事部、グループ健康保険組合・厚生年金基金での実務経験をもつ、フットワークある社会保険労務士です。実務経験を活かした、きめ細かいサポートをお約束いたします。
変化の激しい時代だからこそ、社会保険労務士知識をご活用ください。

 

【よくある質問】

Q1 社会保険労務士って?
社会保険労務士とは、社会保険労務士法(S43.6.3法律第89号)に基づき、労働・社会保険と人事労務管理を専門に取り扱う国家資格です。一般的に、法令に基づいて行政機関等に提出する申請書等を作成、提出するイメージが強いですが、実際には、人事制度・賃金制度の構築や就業規則の作成、採用代行、従業員研修などコンサルタント的要素が多く、人材の活用を通じて、企業の永続的発展のサポートを致します。

Q2 税理士との違いは?
税理士は、主に記帳代行・決算申告業務を行い、企業の会計全般に関するアドバイスを行なっています。
社会保険労務士は、「人材」に関する業務を扱い、就業規則の作成、採用支援、人事制度の構築、解雇に関する相談、従業員研修、社会保険・労働保険の手続き代行など企業の労務全般に関するアドバイスを行ないます。

その他Q&Aはこちら

 

 

【社会保険労務士へ依頼するメリット】

企業経営に専念! 事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続きから開放されます。

適切なアドバイス! それぞれの事業所に適したアドバイス、指導が受けられます。

 
事務手続きの改善! 行政機関等に提出する申請書ををスピーディーかつ正確に作成します。
 

経営の円滑化! 法令改正等関する情報が入手しやすく、「先」をみた労務経営ができます。

 

 

【お気軽にご相談下さい】

労働・社会保険諸法令に基づく申請書類等の作成、手続代行業務

人事・労務管理に関する相談

雇用に関する厚生労働省関連各種助成金の支給申請

年金制度、手続き等の相談

 

 

 

社会保険労務士は、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行う専門家です。事業主の皆様に代わって労働社会保険官公署等への手続きができるのは、社会保険労務士法により国家資格を付与された社会保険労務士だけです。アウトソーシング等を行う法人組織、経営コンサルティング会社等の無資格者が前記の業務を行えば社会保険労務士法違反となります。国家資格者である社会保険労務士は、身分を証明する社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証を所持しています。

 

 

【古谷社会保険労務士事務所、サポーティング・ジャパンについて】

komon.jpg kyuyokeisann.jpg sapo-thingu.jpg
syuugyoukisoku.jpg jyoseikinn.jpg roudounenndo.jpg

 

 

04-7196-6482又は04-7121-2910      TOPページ
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝除く)

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

2014年03月21日

貨物自動車運送事業者様に対しての古谷社会保険労務士事務所のサービス

貨物自動車運送事業者様、「許可後」が重要です。

 

自動車貨物業の許可を受けるためには様々な準備が必要になりますが、専門家のアドバイスを受けて書類を作成して無事スタートしても・・・

 

実はその後の労務管理(募集、採用、退社、給与計算等)が重要であり、御社の永続的発展のためには「許可後」の体制が問題になってきます。

 

運輸局の監査だけでなく、労働基準監督署、年金事務所、ハローワークといった行政機関とのやりとりもでてきます。

 

突然、「◯月◯日」に過去2年間の労働者名簿、賃金台帳、タイムカード、その他帳簿を持ってきて下さい!なんてこともあります。

そんな時、社は対応できますか?

許可を受けた時の書類だけで十分でしょうか?

      

新規開業時だけでなく、許可後の労務管理についてもお手伝いさせていただきます。

      

当事務所の特徴は、運行管理者資格試験へのチャレンジサポート

弁護士・税理士・司法書士等専門家との連携サポートです。

      

電子申請に対応しておりますので、遠方事業所様でもお手伝いできます。
(北海道、大阪、福岡等の事業所様もお手伝いさせていただいております。)

      

御社の永続的発展のために古谷社会保険労務士事務所をお使いください。

 


 

古谷社会保険労務士事務所がお手伝いできること  

【開業時】 

@労働保険(労災保険・雇用保険)の新規手続き

A社会保険(健康保険・厚生年金保険)の新規手続き

B就業規則の作成

C労働者名簿の作成

D36協定の作成 等

 

【開業後】

開業後は本来業務に他に様々な「人に関する」業務があります。

 「人に関する業務」をお手伝いするのが社会保険労務士です。

  

 社会保険労務士って?  

 

 

@従業員の入社・退社等書類提出代行
 従業員の入社・退社等の書類を職業安定所、年金事務所等へ提出代行いたします。

A助成金申請手続
 雇用に関する様々な助成金についての申請手続きをサポートいたします。

B雇用管理に関する相談・指導
 法律に基づいた適正な雇用契約書締結、懲戒、解雇手続き等をサポート致します。

C労働時間管理に関する相談・指導
 
残業代削減、年次有給休暇等、労働時間に関する問題をサポートいたします。

D労災保険給付に関する諸手続
 
業務上・通勤途上での災害に対する申請手続きをサポートいたします。

E求人に関する相談・指導及び求人登録手続
 適切な求人票記載等をサポートをいたします。

F就業規則等の社内規程の作成、運用に関する相談・指導
 行政へ提出する36協定等の書類作成をサポートいたします。

G人事評価制度の運用指導
 公平・公正な人材評価に関する制度、規程作成をサポートいたします。

H労働・社会保険関係法律情報の提供
 法律改正情報等を随時ご提供いたします。

I各種労使協定書の作成、届出
 労使で協定を結ばなければいけない書類作成をサポートいたします。

J行政調査の立会い、事後対応
 労働基準監督署、年金事務所等の調査をサポートいたします。

K労働保険料申告
 労働基準監督署へ提出する年度更新手続きをサポートいたします。

L社会保険算定基礎届・賞与支払届
 年金事務所へ提出する算定基礎届等手続きをサポートいたします。

M給与計算代行
 
年末調整までの給与計算を代行いたします。

 

【運行管理者資格チャレンジ】 

当事務所で実施しておりました求職者支援法による支援訓練「ゼロから始める運送・倉庫関連スタッフ養成科」の実績を基に、運行管理者試験チャレンジのサポートを行っています。

ある開業間もない会社様では全ドライバーさんが「運行管理者資格」取得チャレンジ中です。若手には幹部候補として、ベテランさんにはドラーバーだけでなく事務方もできるように。。。

ドライバー不足の現状、将来の事業拡大のための取り組みを進めています。

試験直前時だけでなく、継続的な受験サポートを行っています

 

 【専門家との連携】 

会社を立ちあげたい! 支店を新設したい! 税処理に不安がある! 

訴訟に発展しそうな問題がある! 損害保険も考えないと! 

専門家に相談したいけど、相談先がわからない。。。

当事務所は、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士等の専門家への紹介を行っています。

専門家との連携により、お客様の不安を解消できればと考えています。

 

 【従業員満足のために】 

適正な労務管理は御社の発展だけでなく、従業員の満足度にも貢献するはずです。ドライバー不足が問題となっている中、ドライバーさんは「働きがいのある、真面目な会社」を求めています。

 

      

御社の永続的発展のために古谷社会保険労務士事務所をお使いください。

 

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

 


 

【社会保険労務士へ依頼するメリット】

企業経営に専念! 事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続きから開放されます。

適切なアドバイス! それぞれの事業所に適したアドバイス、指導が受けられます。

 
事務手続きの改善! 行政機関等に提出する申請書ををスピーディーかつ正確に作成します。
 

経営の円滑化! 法令改正等関する情報が入手しやすく、「先」をみた労務経営ができます。

 

 

【お気軽にご相談下さい】

労働・社会保険諸法令に基づく申請書類等の作成、手続代行業務

人事・労務管理に関する相談

雇用に関する厚生労働省関連各種助成金の支給申請

年金制度、手続き等の相談

 

 

社会保険労務士は、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行う専門家です。事業主の皆様に代わって労働社会保険官公署等への手続きができるのは、社会保険労務士法により国家資格を付与された社会保険労務士だけです。アウトソーシング等を行う法人組織、経営コンサルティング会社等の無資格者が前記の業務を行えば社会保険労務士法違反となります。国家資格者である社会保険労務士は、身分を証明する社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証を所持しています。

 

 

【古谷社会保険労務士事務所、サポーティング・ジャパンについて】

komon.jpg kyuyokeisann.jpg sapo-thingu.jpg
syuugyoukisoku.jpg jyoseikinn.jpg roudounenndo.jpg

 


 

ゼロから始める人事担当者の手続き講座 

従業員さんの入社・退社、労災・雇用、健康保険、年金、給与計算、税金等・・・人事担当者の業務は幅広いものです。

今まで担当されていた事務員さんが退社し、新たな方を採用したけどちょっと不安。。。

新任担当者、もう一度再確認をしたい方を対象とした中小企業様向けの

1日〜3日程度の講座を開催しております。  

 

 

 

04-7196-6482又は04-7121-2910      TOPページ
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝除く)

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

2014年03月21日

介護保険事業者様に対しての古谷社会保険労務士事務所のサービス

介護保険事業者様、「許可後」が重要です。

 

介護保険事業の許可を受けるためには様々な準備が必要になりますが、専門家のアドバイスを受けて書類を作成して無事スタートしても・・・

 

実はその後の労務管理(募集、採用、退社、給与計算等)が重要であり、御社の永続的発展のためには「許可後」の体制が問題になってきます。

 

都道府県の監査だけでなく、労働基準監督署、年金事務所、ハローワークといった行政機関とのやりとりもでてきます。

 

突然、「◯月◯日」に過去2年間の労働者名簿、賃金台帳、タイムカード、その他帳簿を持ってきて下さい!なんてこともあります。

そんな時、社は対応できますか?

許可を受けた時の書類だけで十分でしょうか?

      

新規開業時だけでなく、許可後の労務管理についてもお手伝いさせていただきます。

      

当事務所の特徴は、介護職員処遇改善加算のお手伝い、
弁護士・税理士・司法書士等専門家との連携サポートです。

      

電子申請に対応しておりますので、遠方事業所様でもお手伝いできます
(北海道、大阪、福岡等の事業所様もお手伝いさせていただいております。)

      

御社の永続的発展のために古谷社会保険労務士事務所をお使いください。
(介護保険法・社会保険労務士法により、介護保険に関する申請書等の作成は社会保険労務士の業務となっております。社会保険労務士でない者が報酬を得て業務を行うことは、他の法律に該当しないかぎり制限されています。)

 


 

古谷社会保険労務士事務所がお手伝いできること  

【開業時】 

@労働保険(労災保険・雇用保険)の新規手続き

A社会保険(健康保険・厚生年金保険)の新規手続き

B就業規則の作成

C労働者名簿の作成

D36協定の作成 等

  

【開業後】

開業後は本来業務に他に様々な「人に関する」業務があります。

 「人に関する業務」をお手伝いするのが社会保険労務士です。

  

 社会保険労務士って?  

 

  

@従業員の入社・退社等書類提出代行
 従業員の入社・退社等の書類を職業安定所、年金事務所等へ提出代行いたします。

A助成金申請手続
 雇用に関する様々な助成金についての申請手続きをサポートいたします。

B雇用管理に関する相談・指導
 法律に基づいた適正な雇用契約書締結、懲戒、解雇手続き等をサポート致します。

C労働時間管理に関する相談・指導
 
残業代削減、年次有給休暇等、労働時間に関する問題をサポートいたします。

D労災保険給付に関する諸手続
 
業務上・通勤途上での災害に対する申請手続きをサポートいたします。

E求人に関する相談・指導及び求人登録手続
 適切な求人票記載等をサポートをいたします。

F就業規則等の社内規程の作成、運用に関する相談・指導
 行政へ提出する36協定等の書類作成をサポートいたします。

G人事評価制度の運用指導
 公平・公正な人材評価に関する制度、規程作成をサポートいたします。

H労働・社会保険関係法律情報の提供
 法律改正情報等を随時ご提供いたします。

I各種労使協定書の作成、届出
 労使で協定を結ばなければいけない書類作成をサポートいたします。

J行政調査の立会い、事後対応
 労働基準監督署、年金事務所等の調査をサポートいたします。

K労働保険料申告
 労働基準監督署へ提出する年度更新手続きをサポートいたします。

L社会保険算定基礎届・賞与支払届
 年金事務所へ提出する算定基礎届等手続きをサポートいたします。

M給与計算代行
 
年末調整までの給与計算を代行いたします。

 

【介護職員処遇改善加算サポート】 

介護保険事業所様にとって頭の痛いところが、ヘルパーさん等への給与だと思います。 

介護報酬等の問題もあり、なかなか給与アップをするのも難しいところです。そのような中でスタートした「介護職員処遇改善加算」ですが、加算率100%にするためには「キャリア・アップ要件」等の整備が必要になります。

100%を交付できるようお手伝いさせていただきます。

 

 【専門家との連携】 

会社を立ちあげたい! 支店を新設したい! 税処理に不安がある! 

訴訟に発展しそうな問題がある! 損害保険も考えないと! 

専門家に相談したいけど、相談先がわからない。。。

当事務所は、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士等の専門家への紹介を行っています。

専門家との連携により、お客様の不安を解消できればと考えています。

 

 【従業員満足のために】 

適正な労務管理は御社の発展だけでなく、従業員の満足度にも貢献するはずです。ヘルパー不足が問題となっている中、ヘルパーさんは「働きがいのある、真面目な会社」を求めています。

 

      

御社の永続的発展のために古谷社会保険労務士事務所をお使いください。

 

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

 


 

【社会保険労務士へ依頼するメリット】

企業経営に専念! 事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続きから開放されます。

適切なアドバイス! それぞれの事業所に適したアドバイス、指導が受けられます。

 
事務手続きの改善! 行政機関等に提出する申請書ををスピーディーかつ正確に作成します。
 

経営の円滑化! 法令改正等関する情報が入手しやすく、「先」をみた労務経営ができます。

 

 

【お気軽にご相談下さい】

労働・社会保険諸法令に基づく申請書類等の作成、手続代行業務

人事・労務管理に関する相談

雇用に関する厚生労働省関連各種助成金の支給申請

年金制度、手続き等の相談

 

 

社会保険労務士は、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行う専門家です。事業主の皆様に代わって労働社会保険官公署等への手続きができるのは、社会保険労務士法により国家資格を付与された社会保険労務士だけです。アウトソーシング等を行う法人組織、経営コンサルティング会社等の無資格者が前記の業務を行えば社会保険労務士法違反となります。国家資格者である社会保険労務士は、身分を証明する社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証を所持しています。

 

 

【古谷社会保険労務士事務所、サポーティング・ジャパンについて】

komon.jpg kyuyokeisann.jpg sapo-thingu.jpg
syuugyoukisoku.jpg jyoseikinn.jpg roudounenndo.jpg

 


 

ゼロから始める人事担当者の手続き講座 

従業員さんの入社・退社、労災・雇用、健康保険、年金、給与計算、税金等・・・人事担当者の業務は幅広いものです。

今まで担当されていた事務員さんが退社し、新たな方を採用したけどちょっと不安。。。

新任担当者、もう一度再確認をしたい方を対象とした中小企業様向けの

1日〜3日程度の講座を開催しております。  

 

 

 

04-7196-6482又は04-7121-2910      TOPページ
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝除く)

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

2014年03月21日

顧問契約をオススメしたい理由

顧問契約をオススメしたい理由 

 

「一度限りの依頼で良い」と

思われる方「その他の労務管理、手続き等もやってもらえるなら顧問契約で」と思われる方など、事業主様によってご意向は様々です。

そのご意向に沿ったお手伝いをさせていただきたいと思いますが、当事務所では、原則、継続的な契約(顧問契約)をオススメしております。

もちろん、事業主様おひとりの会社様とも契約しております

 

「顧問契約って高いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、「逆にお得!」という場合が多いと思います。月次報酬額、契約内容等は別途協議させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

【関連ページ】 報酬等について

 

  

【顧問契約をオススメしたい理由】 

1年間の「人に関する業務」をお考え下さい。

従業員の入社・退社、結婚、出産、給与計算・・・結構ありますよね。

「うちの会社はそんなに人の異動はないから」という会社様もあると思います。しかし、「人に関する業務」はそれだけではありません。

毎年度の36協定締結・労働保険年度更新・社会保険の定時決定(算定基礎届)、労働基準監督署、年金事務所の調査、給与計算でいえば、春の雇用保険料率・健康保険料率の変更、秋の標準報酬月額の見直し・厚生年金保険料率の変更等、年を通じて業務が発生します

その度にスポット依頼をすると・・・結構な支出になります(報酬等について)。

     

契約内容、件数を比較すれば、顧問報酬のほうがスポット報酬よりもお得!

 

 

●年金事務所や協会けんぽ、ハローワークへ提出する書類をお考え下さい。

例えば従業員さんにお子様が産まれた時、協会けんぽへ被扶養者の届出を提出します。添付書類は「出生を証明する書類」等ですが、届出書類には会社の名称、所在地、事業所番号、従業員情報(名前、住所、整理番号)等が必要になってきます。届出書類ごとに必要な情報は違います。

スポット依頼の度に必要な情報を準備する・・・時間がかかってしまいますよね。従業員さんはお子様の保険証を1日でも早く求めています。

      

お客様、従業員様情報を把握しているので手間がかからず、スピーディーな対応ができます!

 

 

●最近の労働・社会保険関係の法律改正を全て知っていますか?

労働基準法、育児介護休業法、健康保険法等「人に関する法律」はたくさんあります。それらを全て把握されている方はなかなかいないのではないでしょうか?数年前に経験した届出書類を労働基準監督署等へ持参したら、書類が前のものだった!というお話をよく聞きます。 

      

法律改正等の情報を適正に反映させた届出が可能です!

 

 

●担当従業員さんが退職してしまった時のリスクをお考え下さい。

「うちの会社にはベテランの従業員がいるから、忙しい時だけ依頼するよ」という会社様もあると思います。しかし、その従業員さんがが引き継ぎも無しに退社されてしまった時は大丈夫でしょうか?新たた事務員さんを採用してもその方が労働・社会保険関係の業務を全てできるでしょうか?

      

会社状況を把握しているので、新たな従業員さんへのフォローも出来ます!

 

 

 【従業員満足のために】 

専門家による継続的なサポートは御社の発展だけでなく、従業員の満足度にも貢献するはずです。 

      

御社の永続的発展のために古谷社会保険労務士事務所をお使いください。

 

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

 


 

【社会保険労務士へ依頼するメリット】

企業経営に専念! 事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続きから開放されます。

適切なアドバイス! それぞれの事業所に適したアドバイス、指導が受けられます。

 
事務手続きの改善! 行政機関等に提出する申請書ををスピーディーかつ正確に作成します。
 

経営の円滑化! 法令改正等関する情報が入手しやすく、「先」をみた労務経営ができます。

 

  

【お気軽にご相談下さい】

労働・社会保険諸法令に基づく申請書類等の作成、手続代行業務

人事・労務管理に関する相談

雇用に関する厚生労働省関連各種助成金の支給申請

年金制度、手続き等の相談

 

社会保険労務士は、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行う専門家です。事業主の皆様に代わって労働社会保険官公署等への手続きができるのは、社会保険労務士法により国家資格を付与された社会保険労務士だけです。アウトソーシング等を行う法人組織、経営コンサルティング会社等の無資格者が前記の業務を行えば社会保険労務士法違反となります。国家資格者である社会保険労務士は、身分を証明する社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証を所持しています。

 

 

【古谷社会保険労務士事務所、サポーティング・ジャパンについて】

komon.jpg kyuyokeisann.jpg sapo-thingu.jpg
syuugyoukisoku.jpg jyoseikinn.jpg roudounenndo.jpg

 

  

04-7196-6482又は04-7121-2910      TOPページ
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝除く)

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

2015年05月27日

中小企業向けマイナンバー制度サポート

管理規程、委託契約書等 準備は進んでいますか?

 

平成27年10月から国民に通知されるマイナンバー。

マイナンバー(制度)は行政の効率化、対象者へのサービスアップ等が図られ国民生活にとってプラスになることが多いのですが、それを実務で処理していく会社様にとっては・・・

 

   

当事務所では、制度スタートまでの実務的な情報提供、講習会開催、規則作成支援等を行い、皆様のサポート(個別)をしていきます。 

 

 【当方でサポートする規程等】

・体制整備のチェックリスト
・特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針
・特定個人情報保護規程
・特定個人情報委託契約書
・委任状
・従業員向け説明書
・個人番号利用目的通知書
・個人番号の提供を受ける際の本人確認の措置に関する規程(マニュアル) 等

※保護規程は、将来的(個人情報保護法改正)なことを考え、大規模事業主の規程で準備いたします。

 

【講習会情報】

2014.09.03  無料!今から理解しておくマイナンバー制度講習について 終了 

※2015.8月頃に講習会を予定しております。

  

【マイナンバー情報】

 内閣府:マイナンバー制度HP http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

 

【横浜・川崎の事業主様へ】

現在、横浜・川崎に事業所がある会社様の顧問契約特別キャンペーンを実施中です。
顧問契約先事業主様については、無料でマイナンバー制度に関する整備を行っています。
対象地域:横浜市、川崎市

参考:通常の顧問契約料(サポート内容等でお見積りいたします)

 

 


 

【社会保険労務士へ依頼するメリット】

企業経営に専念! 事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続きから開放されます。

適切なアドバイス! それぞれの事業所に適したアドバイス、指導が受けられます。

 
事務手続きの改善! 行政機関等に提出する申請書ををスピーディーかつ正確に作成します。
 

経営の円滑化! 法令改正等関する情報が入手しやすく、「先」をみた労務経営ができます。

 

 

【お気軽にご相談下さい】

労働・社会保険諸法令に基づく申請書類等の作成、手続代行業務

人事・労務管理に関する相談

雇用に関する厚生労働省関連各種助成金の支給申請

年金制度、手続き等の相談

 

 

社会保険労務士は、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行う専門家です。事業主の皆様に代わって労働社会保険官公署等への手続きができるのは、社会保険労務士法により国家資格を付与された社会保険労務士だけです。アウトソーシング等を行う法人組織、経営コンサルティング会社等の無資格者が前記の業務を行えば社会保険労務士法違反となります。国家資格者である社会保険労務士は、身分を証明する社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証を所持しています。

 

 

【古谷社会保険労務士事務所、サポーティング・ジャパンについて】

komon.jpg kyuyokeisann.jpg sapo-thingu.jpg
syuugyoukisoku.jpg jyoseikinn.jpg roudounenndo.jpg

 


 

 

04-7196-6482又は04-7121-2910      TOPページ
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝除く)

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

2015年10月02日

新規事業所サポート

自社の労務管理、チェックしてみませんんか?

 

起業間もない会社様、立ち上げて数年の会社様、専門家(国家資格者)の労務管理のチェック、アドバイスを受けてみませんか? 

創業段階も一息ついた、次のステップを考えている会社様、従業員をはじめて採用する会社様向けのサービスです。

従業員管理でキーポイントになってくるマイナンバー制度についてもアドバイスさせていただきます。

 

人を雇い入れたとき・・・
・雇用保険、社会保険はどうするの?
・労災保険って?
・お給料の相場は?
・雇用保険の助成金って?
・労働基準法の基礎をしりたい!
・従業員のキャリアアップを図りたい!
・労働者名簿、賃金台帳って?
 

労働基準監督署、年金事務所、ハローワークといった行政機関とのやりとりもでてきます。

 「人に関する業務」をお手伝いするのが社会保険労務士です。

  

 社会保険労務士って?  

 

 創業間もない会社様、成長段階の会社様と10年・20年の会社様は違います。

「初期段階は法定の最低限のことから・・・」 でも、何が優先事項なのかはっきりしない・・・

そんな会社向けのサービスです。

 

御社に訪問し、半日(10:00〜18:00の6時間)のアドバイスをさせていただきます。

料金は 1.8万円〜 ※アドバイス後は顧問契約へ、自社で整備して行く・・・御社の判断で

 

【従業員満足のために】 

適正な労務管理は御社の発展だけでなく、従業員の満足度にも貢献するはずです。
従業員さんは「働きがいのある、真面目な会社」を求めています。

 

      

御社の永続的発展のために当事務所をお使いください。

「人材」は御社の重要リソースです!

 

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

 


  

【専門家との連携】 

会社を立ちあげたい! 支店を新設したい! 税処理に不安がある! 

訴訟に発展しそうな問題がある! 損害保険も考えないと! 

専門家に相談したいけど、相談先がわからない。。。

 

当事務所は、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士等の専門家への紹介を行っています。

 

専門家との連携により、お客様の不安を解消できればと考えています。

 

  


 

【社会保険労務士へ依頼するメリット】

 

企業経営に専念! 事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続きから開放されます。

適切なアドバイス! それぞれの事業所に適したアドバイス、指導が受けられます。

 
事務手続きの改善! 行政機関等に提出する申請書ををスピーディーかつ正確に作成します。
 

経営の円滑化! 法令改正等関する情報が入手しやすく、「先」をみた労務経営ができます。

 

 


 

【お気軽にご相談下さい】

 

労働・社会保険諸法令に基づく申請書類等の作成、手続代行業務

人事・労務管理に関する相談

雇用に関する厚生労働省関連各種助成金の支給申請

年金制度、手続き等の相談

 

 

社会保険労務士は、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行う専門家です。事業主の皆様に代わって労働社会保険官公署等への手続きができるのは、社会保険労務士法により国家資格を付与された社会保険労務士だけです。アウトソーシング等を行う法人組織、経営コンサルティング会社等の無資格者が前記の業務を行えば社会保険労務士法違反となります。国家資格者である社会保険労務士は、身分を証明する社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証を所持しています。

 

 


 

【古谷社会保険労務士事務所、サポーティング・ジャパンについて】

 

komon.jpg kyuyokeisann.jpg sapo-thingu.jpg
syuugyoukisoku.jpg jyoseikinn.jpg roudounenndo.jpg

  

04-7196-6482又は04-7121-2910      TOPページ
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝除く)

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック