2014年03月21日

顧問契約をオススメしたい理由

顧問契約をオススメしたい理由 

 

「一度限りの依頼で良い」と

思われる方「その他の労務管理、手続き等もやってもらえるなら顧問契約で」と思われる方など、事業主様によってご意向は様々です。

そのご意向に沿ったお手伝いをさせていただきたいと思いますが、当事務所では、原則、継続的な契約(顧問契約)をオススメしております。

もちろん、事業主様おひとりの会社様とも契約しております

 

「顧問契約って高いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、「逆にお得!」という場合が多いと思います。月次報酬額、契約内容等は別途協議させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

【関連ページ】 報酬等について

 

  

【顧問契約をオススメしたい理由】 

1年間の「人に関する業務」をお考え下さい。

従業員の入社・退社、結婚、出産、給与計算・・・結構ありますよね。

「うちの会社はそんなに人の異動はないから」という会社様もあると思います。しかし、「人に関する業務」はそれだけではありません。

毎年度の36協定締結・労働保険年度更新・社会保険の定時決定(算定基礎届)、労働基準監督署、年金事務所の調査、給与計算でいえば、春の雇用保険料率・健康保険料率の変更、秋の標準報酬月額の見直し・厚生年金保険料率の変更等、年を通じて業務が発生します

その度にスポット依頼をすると・・・結構な支出になります(報酬等について)。

     

契約内容、件数を比較すれば、顧問報酬のほうがスポット報酬よりもお得!

 

 

●年金事務所や協会けんぽ、ハローワークへ提出する書類をお考え下さい。

例えば従業員さんにお子様が産まれた時、協会けんぽへ被扶養者の届出を提出します。添付書類は「出生を証明する書類」等ですが、届出書類には会社の名称、所在地、事業所番号、従業員情報(名前、住所、整理番号)等が必要になってきます。届出書類ごとに必要な情報は違います。

スポット依頼の度に必要な情報を準備する・・・時間がかかってしまいますよね。従業員さんはお子様の保険証を1日でも早く求めています。

      

お客様、従業員様情報を把握しているので手間がかからず、スピーディーな対応ができます!

 

 

●最近の労働・社会保険関係の法律改正を全て知っていますか?

労働基準法、育児介護休業法、健康保険法等「人に関する法律」はたくさんあります。それらを全て把握されている方はなかなかいないのではないでしょうか?数年前に経験した届出書類を労働基準監督署等へ持参したら、書類が前のものだった!というお話をよく聞きます。 

      

法律改正等の情報を適正に反映させた届出が可能です!

 

 

●担当従業員さんが退職してしまった時のリスクをお考え下さい。

「うちの会社にはベテランの従業員がいるから、忙しい時だけ依頼するよ」という会社様もあると思います。しかし、その従業員さんがが引き継ぎも無しに退社されてしまった時は大丈夫でしょうか?新たた事務員さんを採用してもその方が労働・社会保険関係の業務を全てできるでしょうか?

      

会社状況を把握しているので、新たな従業員さんへのフォローも出来ます!

 

 

 【従業員満足のために】 

専門家による継続的なサポートは御社の発展だけでなく、従業員の満足度にも貢献するはずです。 

      

御社の永続的発展のために古谷社会保険労務士事務所をお使いください。

 

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック

 


 

【社会保険労務士へ依頼するメリット】

企業経営に専念! 事業主は、労働・社会保険の複雑な事務手続きから開放されます。

適切なアドバイス! それぞれの事業所に適したアドバイス、指導が受けられます。

 
事務手続きの改善! 行政機関等に提出する申請書ををスピーディーかつ正確に作成します。
 

経営の円滑化! 法令改正等関する情報が入手しやすく、「先」をみた労務経営ができます。

 

  

【お気軽にご相談下さい】

労働・社会保険諸法令に基づく申請書類等の作成、手続代行業務

人事・労務管理に関する相談

雇用に関する厚生労働省関連各種助成金の支給申請

年金制度、手続き等の相談

 

社会保険労務士は、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行う専門家です。事業主の皆様に代わって労働社会保険官公署等への手続きができるのは、社会保険労務士法により国家資格を付与された社会保険労務士だけです。アウトソーシング等を行う法人組織、経営コンサルティング会社等の無資格者が前記の業務を行えば社会保険労務士法違反となります。国家資格者である社会保険労務士は、身分を証明する社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証を所持しています。

 

 

【古谷社会保険労務士事務所、サポーティング・ジャパンについて】

komon.jpg kyuyokeisann.jpg sapo-thingu.jpg
syuugyoukisoku.jpg jyoseikinn.jpg roudounenndo.jpg

 

  

04-7196-6482又は04-7121-2910      TOPページ
9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝除く)

(ご相談の場合は、事前にその概要をメールでご送信下さい。)
お問合せフォーム ←こちらをクリック